一目均衡表

今回のテーマは『一目均衡表』

日本人『一目山人:ペンネーム』さんが考案したテクニカル分析ツール。

世界的にも有名らしいです。(MT4にも「ichimoku」ってあるくらい。一字間違うと下ネタになるので注意)

日本人が考案したツールなので理解が簡単かと思いきや、奥が深くてチョロっと解説を読んだだけの私では理解したとは言い難い代物。

 

〇一目均衡表

・トレンド系の指標でトレンドを捉えることが得意なテクニカル分析ツール。

・値動きの分析について時間を重視している。

(先行スパンとか遅行スパンとか有るけど、それだけで良いのかな? 私が理解不足の可能性有り)

・相場の帰趨は一目見て分かる!!ズバッ( ゚Д゚)

・一目均衡表を構成する5本のライン

転換線

過去9期間の高値と安値の中間値。

(過去9期間の高値+過去9期間の安値)÷2

基準線

過去26期間の高値と安値の中間値。

(過去26期間の高値+過去26期間の安値)÷2

先行スパン1

転換線と基準線の中間値を26期間先に記入したもの。

(転換線+基準線)÷2  26期間先に記入

先行スパン2

52期間の安値と高値の中間値を26期間先に記入したもの。

(52期間の高値+52期間の安値)÷2  26期間先に記入

遅行スパン

現期間の終値を26期間前にさかのぼって記入したもの。

先行スパン1と先行スパン2に挟まれたゾーンが『雲』と言われる。

※期間の数字は考案された方のこだわりが有るようなので変更しないほうが良いみたい。

 

一応、MT4に入れてみた画像がコチラ

 

〇使い方

・転換線と基準線から分析する。

MAと同じような使い方。(向きで上下判断。クロスでより強くなる等)

計算方法が違うからか、滑らかな線ではなく段々線になる。

ゴールデンクロス=好転 デッドクロス=逆転 との言い方もするらしい。

・先行スパン1と先行スパン2の間、『雲』による分析。

ローソク足が『雲』の上にあれば上昇基調、下にあれば下降基調と判断する。

『雲』が支持帯、抵抗帯になる。

(雲の厚さによって抵抗度が違う:雲ゾーンは過去に多く取引があったという認識)

『雲』が薄い(先行スパンがクロスする)ところは変化(トレンド変化)が起きやすい。

・遅行スパンとローソク足による分析。

遅行スパンがローソク足の上にあれば上昇基調、下にあれば下降基調と判断する。

・三役好転(逆は三役逆転)

一般的な買いシグナルは下記3つ

①転換線が基準線を上抜けしたとき。

②遅行スパンがローソク足を上抜けしたとき。

③ローソク足が『雲』を上抜けしたとき。

3つ揃って”三役好転!!”(必殺技みたい)

認識としてはより強い上昇シグナル。

ただし、出るのが遅い傾向にある。

(別の指標でカバーしたり、2つ揃った時点でエントリーを検討したりの対応が必要っぽい)

 

〇私の理解

・面白い指標だと思う反面、本当に理解するのは大変そう。

・実際、『雲』だけ運用してる人も多いらしい。(『雲』を抜けたとかはよく聞きます。実際は他の指標と組み合わせたりしてる模様)

・MAと考え方が似てる分、同じチャートで運用するのは無理っぽい。(見づらいし、どっちで判断するの?って感じ)

・考案した人は『THE・相場師!』って思う。

・今はMAで十分です。

 

以上で~($・・)/~~~。

2 件のコメント

  • 一目使ってる人はうまい人はみたいな印象がずっとあったんですよね。
    だから初めてのりさんのブログ見たときも一目だと思ってしまいました。
    あとはピボット使ってる人もうまいイメージあります。
    一目難しいです。
    途中で理解することを投げ出しちゃいます。

    • MAリボンはよく間違われますよね。
      一目は玄人好みなイメージがありますね。
      ピボットはよく知らないです(´・ω・)。
      理解すればそれだけで取引できそうな感じですが、勉強や経験がかなり必要なイメージです。
      私も今のところ使うツモリはありませんねw。(『雲』は簡単そうだけどMAと被るし)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください