ボリンジャーバンド

今日もサクッと負けてしまったので勉強の時間です。

 

〇ボリンジャーバンド

・平均からどれくらい値動きにバラツキがあるかを標準偏差で算出し、値動きの収まりやすいレンジが一目で分かりやすいように表示されたインジケーター。

・一定の確率で収まりやすいレンジを『σ(シグマ)』と呼び、±1σ ±2σ ±3σで表される。一般的に平均線を合わせた5本(1σ+2σ)或いは7本(1σ+2σ+3σ)。

・正規分布の理論により収まる確率は以下の通り。

 ±1σ : 68.2%

 ±2σ : 95.4%

 ±3σ : 99.7%

・状態の呼び名がある。

スクイーズ = バンドが狭く収縮している状態。力を溜めているので安易なエントリーは危険。

エクスパンション = 溜めていた力を開放してトレンドが発生している状態。バンド上をローソク足が動いている形は”バンドウォーク”と言われる。

 

〇主な使い方

1・逆張りでの利用方法。

+2σ(或いは3σ)を越えたら売り、-2σ(3σ)を越えたら買う方法。

確率が低いとは言うものの、相場では普通に有りうる事なので外れた場合の資産管理が大事。

ある程度の幅があるレンジ相場で有効。

エクスパンション状態では危険であり、バンドウォークされたら負ける。

 

2・順張りでの利用方法。

トレンドが発生した場合に、トレンドへの追随にバンドを利用する方法。調べた限り、いくつか方法有り。

・2σ以上で足が確定したらトレンド発生と判断して、順張りを行う方法。

・単純にバンドが拡大していれば順張り、収束していれば逆張りを判断する方法。

・移動平均線(5)とバンド(1σ)のクロスでエントリー、ローソク足が1σに接触で決済する方法。

・バンドの形で、トレンドの継続を判断する方法。

(バンドの拡大→収束で判断。動いた側のバンド、動きと反対方向のバンドで時間差があり それも判断材料になる)

トレンドの継続判断は、バンドの時間足を複数用いることでより長期のトレンド判断が出来る。

分足でバンド拡大 ⇒ 時間足でバンド拡大 した場合、分足での収束後も時間足での収束までトレンド継続判断。

(変な事書いちゃってますが、何らかの方法でトレンド方向を確認しておく必要がありそう。MA(より長期足の?)とかで)

 

あと、変わったので『RSI』に『ボリンジャーバンド』を当て嵌めてるのとかありました。

使えるかどうかは不明(‘ω’)。

 

〇私の理解。

・正直、スキャルとかで”σ”での逆張りするイメージしか有りませんでした。

逆張りする場合は、他の指標も参考にしないと危険だと思われます。

(例で出てたのはサイコロジカル:すごく単純なインジ。12期間中の陽線、陰線だけで判断するもの)

・ただ、スキャルするならエンベロープ(まだ、調べてませんがw)とかの方が良いのかな?

・拡大、収縮とかのバンド形状で相場を判断するのは面白そう。

・活用するには勉強と経験が必要そうだけど、今のところ使うツモリはありません。(まだ早そう)

 

奥が深そうだけど、今日のところは以上で。