ピボット

今回のテーマは『ピボット』です。

”ニシシさん”や”けみたんさん”が話して居られるのを聞いて興味が湧きました。

直訳すると”回転軸”らしいです。

 

〇ピボット

・前日(日を基準にする場合)の高値、安値、終値より算出されるラインをレジスタンス、サポートラインとして活用するもの。

・裁量の入り込む余地が無いため、ピボットを使用する人はほぼ同じラインを見ることになる。(これが強みかな?)

・大口投資家が使っている?外人がよく使っている?(らしいです。)

・ピボットにもいくつか種類があるらしい。

フロアピボット(これが一般的みたい)

ピボットレンジ

Camalliaピボット

フィボナッチピボット

Woodieピボット

・計算式は下記の通り(一応ね。正直、計算式はどうでも良い気がします)

ピボットポイント

(高値+安値+終値)÷3

R1(レジスタンスライン1)

(2✖ピボット)-安値

S1(サポートライン1)

(2✖ピボット)-高値

R2(レジスタンスライン2)

ピボット+(高値-安値)

S2(サポートライン2)

ピボット-(高値-安値)

R3(レジスタンスライン3)

高値+(2✖(ピボット-安値))

S3(サポートライン3)

安値-(2✖(高値-ピボット))

 

MT4には残念ながらピボットは標準装備されていません。外部から導入する必要があります。

検索したサイトには沢山のピボットが・・・・・。(内容は変わらないのかな?表示形式が違うとか、計算式だけとかかな)

入れてみた感じ。

それなりに効いてる感じがします。

急激な動きの場合とかは役に立たないみたいです。

地味に日付変更が分かるのが便利。

 

〇使い方

・普通にレジスタンス、サポートラインとして使用する。

・ローソク足がピボットラインの上にあれば上昇基調、下にあれば下降基調と判断する。

・サイトに書いてあった注意点。

ピボットラインになるべく引き付ける事。

ローソク足の反転シグナル、ダイバージェンスシグナルも確認する事。

強いトレンドには逆らわない事。

 

〇私の理解

・ある程度(意外と)は効いてる印象を受けました。

(それが大勢の人が使っているからかは不明)

・単独ではあまり使用しないらしい。組み合わせて使うのは他のインジと一緒。

・見やすくて簡単なので他の手法と組み合わせしやすそう。

・下手なインジでサポートを判断するならコレで良い気がします。

・実際に使ってみたい気がしますが、しばらく保留で。

 

以上でーす(‘ω’)。

2 件のコメント

  • PIVOT、気になってて調べよう調べようと後回しになってたところにこの記事でありがたかったです。笑

    なるほどー、PIVOTって前日の平均値みたいなものなんですね。
    S1とかS2とかはフィボナッチみたいです。

    PIVOTはFX歴長いベテランの方が見ている印象なので、それなりに効くのかもですね~。
    一応、知識として覚えておきます^^
    参考になります!

    • PIVOTって書くんですね(*._.)φ))メモメモ 。
      私も気になってたんで調べてみました。
      調べるとMT4に入れることもできますし(‘ω’)。
      そんなに難しいものではないので後はそれをどう使うかが重要な気がします。
      どう使えばいいかは今のところサッパリですw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください