サイクル理論

久しぶりのFXメモ。

今回は『サイクル理論』。

厳密なサイクル理論とは違う可能性があります。(私なりにFXに応用して勉強した、取り敢えずの結果です。間違いや不足はアリアリだと思います)

FX仲間の”けみたんさん”が今年からサイクル理論をメインに挑戦しておられるようで、私も勉強しようと思いました(*’ω’*)。

 

〇サイクル理論

相場の波は、ある程度決まった期間(サイクル)で安値(高値はトレンドによって変わる)を付けるという考え方。

提唱者によれば80%の確率で当たる。(必ず当たるってワケではないので、この確率をいかにリスク管理するかが大事)

プライマリーサイクル(PC):週足でのサイクル(24~35本を目安に繰り返す)

メジャーサイクル(MC):日足でのサイクル(35~45本を目安に繰り返す)。プライマリーサイクル内で3or4回。

4Hサイクル:4時間足でのサイクル(60~80本を目安に繰り返す)。メジャーサイクル内で3or4回。

サイクルはより上位足でのサイクルの支配を受ける。

(4Hサイクルはメジャーサイクルの支配を受け、メジャーサイクルはプライマリーサイクルの支配を受ける)

4Hサイクルより下位、プライマリーサイクルより上位のサイクルもあるらしいけど、トレードには向かないらしい。

 

〇どうやってトレードに生かすの?

基本的に安値・高値(天底)での反転逆張り狙い。

と、いう事は安値・高値の見当がつかないとイケナイ。

安値はサイクルで繰り返すので、サイクル期間終了付近でローソク足の形、チャネル等(他にも方法はある?)で予測する。

高値はトランスレーションの形状(トレンド方向)で到達時期を予測する。(その場合もローソク足形状、チャネル等の手法を応用する)

トランスレーションには レフトトランスレーション(ダウントレンド)、ライトトランスレーション(アップトレンド)がある。

トランスレーションの形を理解すれば、サイクル内で応用することも可能。

レフトかライトかは上位足のサイクルを参照すれば、ある程度事前予測可能。

※注意。必ず当たる訳ではないので、リスク管理(資産管理・分割決済等)が必要。

 

〇まとめ

基本サイクルが長めなので、スイング~中期保有向け。

(4Hサイクルで10日~2週間、メジャーサイクルで1ヶ月~1.5カ月、プライマリーで半年から8ヶ月ちょっと)

サイクル途中で応用できることもあり。(その場合少なくとも始点・高値の水平ラインは必要かな)

サイクル理論で投資する場合は、サイクル理論投資資金だけ別管理にしておかないと投資対効果が分からなくなってボヤけそう。

デイトレの方向感覚把握に応用できそうだけど、レンジっぽくなるとそうでもない?

凄く面白い理論で実践してみたいです。ただし、実践検証は年単位の期間が必要っぽい( ̄▽ ̄)。

でも、まだまだ勉強が必要な感じです。

今のユロドルショートポジがヤバめな可能性アリ?( ゚Д゚)!

以前、聞いたときはココ迄掘り下げませんでしたw。申し訳ございませんm(__)m。

 

 

2 件のコメント

  • いつもサムネ画像のチョイスのセンスに脱帽ですw

    サイクル理論、面白そうですよね!
    個人的には上手くカウントして反転を捉えられたら、損切位置が明確なのがいいところかなと思いました。
    起点を割ったらカウント違いということですぱっと割り切れそうです。(ヒゲで戻ったら悲しいですが^^;)
    その辺はエリオット波動に考え方が近いですね!

    サイクル理論やハーモニックなど、まだまだ知らないことたくさんありますね~。
    一番自分に合ったものを早く見つけたいです(/・ω・)/

    • サムネ画像は面白くしたいですが見当違いになりそうになりますねw。

      サイクル理論は面白そうです。ちょっと期間が無いのがアレですけど( 一一)。
      損切りの考え方は分かりやすいですね。リスクリワードも良くできそう。
      資産管理と分割決済を利用すれば、良い取引が期待できそうですね。

      ハーモニックは、チャート見てパッと思い浮かばないですねw(覚えれてないだけですが)。
      上手く利用できるのを見つけて、活用できれば言うことなしです!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください